TOP PAGE

JALはどう変わったか? 第3四半期決算簡易分析

|

 

 先日発表した第3四半期決算をもとに、JALが破たん前と比べてどう変わったかを、

2008年度の第3四半期決算と比較して眺めてみた。

 同時に、これに対比してANAがどうなったか両社の規模等の差はどうなったかについても比較した。

 

1.3年間でJALはどう変わったか?(表1、表2参照)

 

  ① 収入規模; 営業収益は1兆5千億円超の収入が、9千億円強に減少、▲6千億円以上の減(▲42%)となった。

     (内訳) 国際旅客収入は、57022890億円とほぼ半分になった。

          国内旅客収入も、52103673億円と▲3割減。

          貨物郵便収入に至っては、1726675億円と▲6割減。

          航空事業以外の分野でも、1850932億円と半減した。

 

  ② 収益性;  営業利益は、▲89億円から、1617億円の黒字へと著しく改善。

          これに伴い、当期純利益も▲191460億円と大幅黒字となった。

 

  ③ 財務状況; 機材の売却と減損処理、事業売却等によって、総資産は1兆8千億円超から1兆円強に圧縮された。

           同時に債権放棄等によって、負債が約1兆円圧縮され、また資本注入等で純資産も1400円増加した。

           現時点の有利子負債は718億円。

 

  ④ 際内別内訳; 

国際旅客収入の減少(▲49%)は、供給座席(ASK)を▲47%減らしたことで、

旅客(RPK)が▲45%減少、加えてプレミアム旅客減の影響等で収入単価が▲10

近く低下したことによる。

    (発着旅客単価64千円→58千円、収入キロ単価14.313.1円)

 

    国内旅客収入の減少(▲30%)は、供給座席(ASK)を▲29%減らしたことで、

    旅客(RPK)が▲31%減少したことによる。収入単価は小幅上昇した。

 

    貨物郵便収入(▲61%)は、貨物専用便事業からの撤退と、旅客便の貨物スペー

スの減による。キロ当たり単価も▲6%低下した。

          

    座席コストとB/E(損益分岐利用率);祭内計の簡易試算によるが、座席コストは

    大幅に低下(11.28.4円;▲25%)し、この効果によってB/E50%となった。

    実際の搭乗率はこれより高い66%のため、収益性が大きく向上したもの。

2.では3年間でANAはどうなったか?(表1、表2参照)

 

  ① 収入規模; ANAも営業収益規模では若干の減(▲3%)となった。

国内旅客収入の減少(▲522億円)と、航空事業以外の分野の収入減が大きく、国際旅客の規模拡大による増収が少なかったことによる。

 

  ② 収益性;  営業利益は、403億円から、911億円へと収益性は大幅に改善。

          これに伴い、当期純利益も94338億円と増益になった。

 

  ③ 財務状況; 増資と借入金によって約3000億円の資金を調達、総資産は1400億円増加して、1兆9千億円となった。

           現在の有利子負債は約9千億円。

 

  ④ 際内別内訳; 

国際旅客収入は、供給座席(ASK)増+20%で、旅客(RPK)が+24%となった

ものの、収入単価の落ち込み(約▲20)の影響によって減殺され、+1%の増収に

とどまっている。

 

国内旅客収入は、供給座席(ASK)の減▲6%によって、旅客(RPK)が▲10

%減少したことで、▲522億円の減少。

 

貨物郵便収入は、貨物専用便の増強や国際線のベリー増等で貨物量が+20%となっ

た。しかし収入単価の低下(▲10%)もあって、増収は+7%に留まった。

 

    座席コストとB/E(損益分岐利用率);祭内計の簡易試算によるが、座席コストは

    低下(11.39.5、▲16%)し、B/E57.5%まで低下した。

 

3.JALANAの規模差はどう変わったか?(表3、表4参照)

 

  ① 収入規模; 2008年度には、JALの営業収益の規模は、ANA1.4倍であった

が、2011年度にはANAを▲15%下回る規模となった。

(内訳)JAL2008年度国際旅客収入は、ANA2.4倍の5702億円だった。

しかし2011年度には2890億円と、ANA2割上回る程度となった。

JALの国内旅客収入は、2008年度はANAを▲5%下回る程度であったが、

2011年度には▲26%下回った。

JALの貨物郵便収入は、2008年度にはANA1.9倍あったが、2011

度は逆転して、ANAを▲3割下回る規模となった。

航空事業以外の収入についても、JAL/比率は、1.9倍から0.77倍へと

逆転した。

 

  ② 収益性; 2008年度は、JAL赤字、ANA黒字であった。

2011年度は両社黒字ながら、JALの収益性はANAを大きく上回るものとなった。

(営業利益) JAL1617億円、ANA911億円

(当期純利益)JAL1460億円、ANA338億円

 

  ③ 財務状況; 総資産規模は、2008年度には両社18千億円程度で接近していた

が、2011年度は、JALは固定資産が減少したこと等により、ANAの約半分と

なった。

有利子負債は、JAL718億円と、1000億円を割り込んだのに対し、ANA

9千億円となっている。

純資産は、両年ともにANAが多い。

 

  ④ 際内別内訳; 

国際旅客収入では、搭乗率はANAが約4ポイント高いのは変わらない。

収入単価は、2008年度時点ではANAが約10%高かったが、2011年度にはほぼ

並んだ。

 

国内旅客収入では、収入キロ単価は、JAL15%高いという傾向は変わらない。

但し発着単価はほぼ同じ(JALの平均距離が短い)。

搭乗率は、2011年度は規模縮小したJALがやや高い。

 

際内合計での座席コスト、B/E(いずれも簡易試算)を比較すると、

2008年度には並んでいた座席コストが、2011年度にはJALが約1割低くなり、

JAL8.4円、ANA9.5円)収入単価には大きな差がないことから、B/Eは、JAL

ANAより大幅に低い50%となった。

それと搭乗率の差は、JAL16ポイントあるのに対し、ANA9ポイントと

小さく、それが収益性の差を表している。

 

 (Y.A)

 

   

jl1120206.png

 

jl2120206.png

 

jl3120206.png

 

  jl4120206.png