TOP PAGE

北方領土・択捉島、建設中の空港、2013年にも供用開始

|

 

ロシア極東サハリン州の当局者は17日、北方領土・択捉島で新たに建設中の空港が2013年にも供用開始となると明らかにした。

 

インタファクス通信によると「国際空港」として整備されている。

時事ドットコムが伝えた。

 

供用が始まるのは第1期工事分。

中型旅客機が離着陸可能な滑走路(1800メートル)などの整備が最終段階にあり、同当局者は「今冬にかけてターミナルビルの工事も終える」としている。

 

一方、第2期工事分の滑走路(2400メートル)も14年に完成予定だ。

 

(時事ドットコム)7/17 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012071700931