TOP PAGE

アフリカへの空路が拡大、経済成長が後押し

|

 

bloombergによると)

 

世界の航空輸送網との連携が整備されていなかったアフリカにベルギーのブリュッセルや北京など世界各地から空路が延びつつある。

 

資源ブームを背景にアフリカの経済成長が加速しているためだ。

 

インターナショナル・エアラインズ・グループ傘下の英ブリティッシュ・エアウェイズは10日に19番目のアフリカ路線を就航。

 

カタール航空は来月、今年4番目となるアフリカ路線の操業を開始する。

ファストジェットはアフリカ全土で初の格安航空会社となることを目指し、11月に運航をスタートする。

 

他地域で輸送量が減少し打撃を受けている航空各社が成長市場の開拓に乗り出している。

 

国際通貨基金(IMF)によると、アフリカのサハラ以南地域の2012年の経済成長率は平均5.3%と、ロシアやブラジル、アジアの大半の国々を上回っている。

 

ただ、安全面の問題や汚職、政府による介入、現金に依存する経済やインターネットへのアクセスが整備されていないことが事業拡大の障害になっている。

 

bloomberg9/28 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MB18ID6JTSEK01.html