TOP PAGE

スターフライヤー、10用実績、国内線利用率68,9%、国際線利用率37.5%

|

 

スターフライヤーは30日、10月の利用実績を発表した。

 

それによると、国内線3路線は、提供座席数は前年比106.89%のところ、旅客数は同比10531%となり、平均搭乗率は70.2%だった。

 

また7月から運航を開始した国際線(北九州―釜山線)は、運航便数は122便で、旅客数は8,105人、平均搭乗率が42.5(8540%.937.5)と回復傾向が見られた。

 

◆スターフライヤー HPより

 

sf121201.jpg 

 

(スターフライヤーHP)11/30 

http://contents.xj-storage.jp/contents/92060/T/PDF-GENERAL/140120121130043405.pdf