TOP PAGE

関空、11月運営概況、国内線発着回数、前年同月比56%増

|

関西国際空港の201211月の運営概況(速報値)で、国際線旅客数は前年比3%増の883586人、中国方面の旅客は減少しているが、全体では13ヶ月連続で前年を上回った。このうち、日本人旅客数は4%減の558640人で2ヶ月連続の減少となったが、外国人旅客は21%増の305140人と9ヶ月連続でプラス成長し、11月としては開港以来過去最高となった。

一方、国内線旅客数は49%増の429677人で、14ヶ月連続の前年超えとなった。

旅客便の発着回数は、国際線は9%増の5465回となり、11月として開港以来過去最高を記録。国内線は新規就航などが奏功し、56%増の3606回と好調に推移した。

 

*新関空会社 HPより
関空11.png


 

(トラベルビジョン)12/23

http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=56078

(新関空株 プレスリリース)12/23

http://www.nkiac.co.jp/news/2012/1656/11gaikyou.pdf