TOP PAGE

春秋航空(LCC)、関空から3路線新設、新千歳-上海線も計画

|

春秋航空は、2013年に開設予定の関空線について、同社のハブ空港である瀋陽、天津、武漢の3路線を計画している。
中国人のインバウンドを主要ターゲットに、中国地方都市から日本へ直行便を飛ばすことで、地方需要の取り込み強化をはかる考え。
乗客の5割は中国人観光客で、残りはビジネス需要や日本人観光客となる見込みだ。トラベルビジョンが報じた。

運航はプログラムチャーターで、週3から週4便となる予定。当初は1月末から運航を開始する予定で申請していたが、日中関係の悪化で就航を見合わせた経緯がある。 
新路線の開設時期については、日中間の情勢を見定めながら、早ければ2月の春節前、遅くとも来年4月までには就航したい考えだ。

また、インバウンドの需要が高い新千歳―上海線は、週4便のプログラムチャーターで計画中だ。

 

(トラベルビジョン)12/20

http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=55996