TOP PAGE

ボーイング787対応:全日空、日航、営業運航再開に向けた安全対策

|

国交省がボーイング787型機の運航再開を認めたことを受け、全日空と日航は26日夜、運航再開に向け安全対策を発表した

 

運航再開に関しては、トラブルの原因が特定されていない中、かねてより国交省は、航空会社独自の対策で利用者の安心を確保する必要がある」という認識を示しており、地上からのバッテリー電圧データ監視など独自の安全対策を加えるよう要請を行った。

 

それをうけ両社は (1)全機で改修後に1回ずつ試験飛行(2)数カ月おきにバッテリーをサンプル調査し、両社で情報を共有(3)飛行中のバッテリー電圧を監視し、異常時に即応できるようデータを地上に送信(4)長期間操縦していないパイロットの「慣熟飛行」を実施(5)ホームページで安全への取り組みを公開するとの安全対策を発表した。

 

また、全日空は28日には改修後の機体で初めての試験飛行を羽田で行う事も発表した。同機には伊東信一郎会長や米ボーイング首脳が搭乗する。日航も5月上旬から試験飛行を実施する。全日空17機は5月27日、日航7機は5月中旬までに改修を終え、6月をめどに営業運航再開に向け全力を尽くす。


両社のボーイング787専用サイトは以下の通り
■全日空 http://www.ana.co.jp/share/boeing787info/

■日航  http://www.jal.com/ja/flight/boeing787/

 

ANAプレスリリース)4/26
http://www.ana.co.jp/pr/13_0406/13-019.html

(中国新聞)4/27

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201304270096.html

bloomberg4/26

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MLU6VE6K50XV01.html

(ロイター)4/26
http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPTYE93P06C20130426

(産経ニュース)4/27
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130427/biz13042701030000-n1.htm