TOP PAGE

成田空港、深夜着陸弾力的運用、全日空のニューヨーク便へ適用、2例目

|

 

成田国際空港会社は12日、成田空港の深夜離着陸制限を解除し、悪天候のため現地空港からの出発が遅れた全日空1009便に対して午後11時台の着陸を認めた。

 

3月31日から運用している制限緩和の新基準を適用した2例目となった。

 

ANA1010便(成田/ニューヨークJFK)は、目的地であるニューヨークJFKの雷雨による悪天候のため、着陸できずニューアークにダイバーとし、その後、ニューヨークJFKの天候回復を待ち、到着予定時刻から約3時間20分遅れて到着した。

 

その影響により、ANA1009便(定刻 0705分ニューヨークJFK発、2100分成田着)は、玉突きで遅延が発生し、ニューヨークJFK1016分に出発し、2356分に成田に到着した。

 

成田空港から都内への公共交通アクセスがない時間のため、ANAがバスを手配したという。

 

(毎日新聞)5/13 http://mainichi.jp/area/chiba/news/20130513ddlk12020046000c.html

(NAAHP)5/13 http://www.naa.jp/jp/csr/curfew/soft/2013_5_12-curfew.pdf