TOP PAGE

新関空会社、2013年3月期 連結決算、営業益前期比1.5倍

|

 

新関西国際空港会社は15日、2013年3月期の連結決算を発表した。

 

格安航空会社の就航などで旅客数が増え、旧関空会社の4~6月期を含めた営業利益は前の期比1.5倍の267億円になった。

 

国際線の発着数が過去最多で、売上高は同15%増の1017億円だった。

 

今期もLCCの増便で旅客需要は堅調に推移すると見込んでおり、売上高は前期比11%増の1129億円、営業利益は同3%増の277億円を予想している。

 

*新関西国際空港㈱プレスリリースより

 

kix130516.jpg 

 

 

(日経)5/15 http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXNASDF15009_15052013EE8000

(日刊航空)5/16 http://www.da-news.co.jp/xhp/2013-0516-02.pdf

(新関西国際空港 ㈱ プレスリリース)5/15 http://www.nkiac.co.jp/news/2013/1737/2013.3renketukessann.pdf