TOP PAGE

全日空、沖縄貨物事業拡充、貨物事業会社新設-2014年

|

全日空は17日、7月以降、沖縄ハブの新規路線開設を含めフレイタ-ネットワ-クを拡充すると発表した

これまで全日空の保有する貨物専用機で運航していた成田-沖縄線を、日本貨物航空の機材でチャーター運航することにより、全日空の貨物専用機(B767-300F)による成田-中部-沖縄、沖縄-青島、成田-広州の新設、関西-台北の再開を実現する。

2013年度末には、10機目となるB767-300F貨物専用機を受領し、事業の拡大、ネットワ-ク強化と付加価値戦略の更なる推進、徹底的な品質向上の実現を目指す。

また、20144月には、事業拡大を支える貨物事業会社を設立し、マ-ケットニ-ズに柔軟に対応する体制を構築することで、収益基盤の強化・改革を推し進め、貨物事業の大胆な深化を目指すとしている。

*全日空資料より

あ.jpg

一方、沖縄貨物ハブ以外のフレイタ-ネットワ-クにおいては、828日より成田=広州線(週3便)を開設し、関西=台北(週2便)の再開も併せて発表した。


Lnews5/17

http://lnews.jp/2013/05/f051701.html

ANAプレスリリース)5/17

http://www.ana.co.jp/pr/13_0406/13-031.htm