TOP PAGE

エバー航空、旭川―台北線、6月1日から定期便移行

|

 

エバー航空の王振興日本支社長は1日、北海道新聞の取材に対し、2日から週3往復で就航する旭川―台北のチャーター便を、6月1日から国際定期便に移行させる見通しを明らかにした。

 

国土交通省と最終調整中で、王支社長は「5月中には認可される見込みだ」と述べた。

 

定期便が実現すれば、同路線では復興航空につぎ、台湾と旭川を結ぶ2つ目の路線となる。

 

同社は現在、新千歳、函館に国際定期便で就航している。

使用機材はエアバスA332(252席)。

 

(北海道新聞)5/2 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/462627.html