TOP PAGE

スターフライヤー、3月利用実績、国際線平均搭乗率61.4%

|

 

スターフライヤーは30日、3月の利用実績を発表した。

 

それによると、国内線旅客数が前年同月比2.7%増の10836人、提供座席数が5.7%増の146633席、平均搭乗率は1.9ポイント減の68.8%だった。

 

福岡-羽田線は83.4%と高搭乗率であったが、他の国内2路線は前年同月比でL/Fが低下した。

 

一方北九州―釜山を結ぶ国際線は、運航便数は124便で、旅客数は11,353人、平均搭乗率が61.4(782. 8540%.937.5%.1042.5%、1159.7%、1260.7%、146.7%、258.4)となった。

 

2月、3月と搭乗実績は向上しているが、採算ライン(65%)は依然下回っている。

 

*スターフライヤー プレスリリースより

 

sf130501.jpg

 

 

(スターフライヤー プレスリリース)4/30 

http://contents.xj-storage.jp/contents/92060/T/PDF-GENERAL/140120130430027726.pdf

aviationwire4/30 http://www.aviationwire.jp/archives/19803