TOP PAGE

スターフライヤー、釜山線利用韓国人旅行者、6割女性、9割観光目的

|

北九州エアターミナルは15日、北九州−韓国・釜山線を利用した韓国人旅行者へのアンケート結果を発表した。小倉城や門司港レトロなどへの観光目的が9割を占め、旅行者の6割が女性だった。

旅行目的を観光と回答した人では、20〜50代の女性が5割強を占めた。7割が「価格の安さ」や「訪問地が魅力的」を理由に挙げた。

回答者の8割は北九州への訪問は初めて。滞在日程は2泊3日が多く、別府・湯布院や福岡市内まで足を延ばした人もいた

 

同アンケートは、北九州空港ターミナルビルを運営する北九州エアターミナルが、利用実態を調べるため今年1〜3月の平日、帰国前の旅行者に聞き取り調査し、474人から回答を得た

 

(毎日新聞)5/16

http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20130516ddlk40040422000c.html