TOP PAGE

ボーイング787対応:全日空、日航、運航停止―2013年度決算、営業利益押し下げ

|

 

(日経によると)

 

日本航空とANAホールディングスは30日、2013年3月期の連結決算を発表した。

 

旅客需要そのものは好調だったが、ともに新型機「ボーイング787」の運航停止や円安の影響が避けられなかった。

 

JALの経常利益は1858億円と前の期比6%減り、ANAは13年1~3月期の経常赤字が121億円(前年同期は30億円の赤字)に拡大した。

 

JALは成田―ボストン線の開設などで旅客数が伸び、前期の売上高は1兆2388億円と前の期比3%増えた。

 

純利益は8%減の1716億円。

減益だが最高益だった前の期(1866億円)に迫る高水準を確保したことから、配当は年190円と従来予想から10円上積みする。

 

7機保有する787の運航停止が1~3月期に13億円の営業減益要因となり、円安に伴う約130億円の燃油費上昇も響いた。

 

一方、78717機保有するANAは運航停止による営業利益の押し下げ要因が35億円弱に上った。

 

前期の売上高は5%増の1兆4835億円、経常利益は769億円だった。

 

コスト削減などで営業利益は1038億円と最高を更新したものの、従来予想(1100億円)に届かなかった。

 

両社とも6月に787の運航を再開。

JALは4~5月の停止を前提に26億円の営業減益要因を見込み、ANAは4~6月期の3カ月間まるまる停止するという前提で40億円程度の減益要因を想定している。

 

(日経)4/30 

http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXNASDD300H6_30042013TJ0000&dg=1