TOP PAGE

エアバス、A350受注交渉、日航・全日空と協議

|

 

bloombergによると)

 

欧州の航空機メーカー、エアバスは日本の2大航空会社から「A3501000」を受注する方向で交渉していると、事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

 

同機は広胴型長距離旅客機市場での米ボーイング の牙城を崩すことを狙って開発された。

 

交渉が続いていることを理由に関係者2人が匿名を条件に語ったところによると、ANAホールディングス日本航空 両社との協議は前進しており、日航は同機を古くなった一部ボーイング「777」の後継機として9月までに発注する可能性がある。

 

日航はこれまでエアバス機を購入したことはないが、1人の関係者の話では最大20機を発注する見込み。

 

エアバスが日本の航空会社から最新鋭旅客機の受注を獲得すれば、数十年にわたりボーイングがほぼ独占していた日本市場でエアバスが勝利を刻むことになる。

 

bloomber5/15 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MMT4IW6K50XV01.html