TOP PAGE

国内航空各社、GW利用実績、PEACHが高搭乗率

|

 

国内航空各社は7日、GW中(4月26日~5月6日)の利用者数を発表した。

 

これによると、日航と全日空の国際線利用者数はともに前年よりも減少した。

 

また、国内線利用者数は日航が前年比1.7%増。

全日空は前年実績に0.9%届かなかった。

 

一方、ピーチ・アビエーションは6万9037人で前年の約2倍に達した。

 

既存新規航空会社は、4 社とも提供座席が増加した。

このうち3 社は旅客数が増加したが、AIRDOは前年割れだった。

 

LCC3 社では、ピーチ・アビエーションの国内線搭乗率が9 割を超えた。

国際線も84.1%と好調。

ジェットスター・ジャパンは78.8%だったものの、エアアジア・ジャパンは6 割台と差が付いた。

 

 

 

提供座席数(前年比)

旅客数(前年比)

L/F

ピーチ・アビエーション

国内線

7 5,600

席(191%)

6 9,037 人(192%)

91.3

国際線

2 3,760

1 9,979

84.1

ジェットスター・ジャパン

国内線

9 5,040

74,916

78.8

エアアジア・ジャパン

国内線

3 5,640

2 4,088

67.6

国際線

1 1,160

1 1,160

61.2

 

 

(日刊航空)5/8 http://www.da-news.co.jp/xhp/today.htm

(日経)5/7 http://www.nikkei.com/article/DGXNASDC0700R_X00C13A5EA1000/