TOP PAGE

モンゴリアンエアライン、日本発着チャーター11便運航計画

|

 

51日付けでフンヌ・エアーに社名を変更したモンゴリアンエアラインズグループは、725日から91日にかけて、日本発着チャーター便を11本運航する計画だ。

 

すでに大手旅行会社を中心に10社弱が販売を開始し、一部便では予約が8割あるなど順調に推移している。

 

チャーターは米子、那覇、宮崎―ウランバートル経由イルクーツク間と中部、静岡、福岡、広島―ウランバートル間、関空、岡山―ウランバートル、イルクーツク間で実施する計画。

 

使用機材はエアバスA319型機(ビジネスクラス12席、エコノミークラス108席)。

 

同社は、昨年2月に日本に初就航し、ゴールデンウィーク中と714日から829日の間、羽田―ウランバートルのチャーターを計23本実施。

ロードファクターは75%と順調だった。

 

また、811日と18日には成田・新潟―ウランバートルでチャーターを実施したが、ほぼ満席だったという。

 

(トラベルビジョン)5/29 http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=57722&pg=2