TOP PAGE

アシアナ航空、運休中の福島線、チャーター便運航を検討

|

 

アシアナ航空は7月から、定期路線が運休している福島-仁川間で、チャーター便を毎月1回以上運航する方向で検討していることが1日、分かった。

 

訪韓した県議会日韓議員連盟の関係者に同社幹部が明らかにした。

 

福島民報によると、 日韓議連の議員らが4月29日、アシアナ航空ソウル支店を訪れ、チャーター便の継続や定期路線の再開を要請した。

 

これに対し、同社幹部は「福島便は重要路線。7月から毎月1回以上はチャーター便を運航させることを検討している」と述べ、定期的な運航に前向きな姿勢を見せたという。

 

24年度の計3回のチャーター便の実績が採算ラインを超えたことに加え、県内には韓国人に人気の高いゴルフ場や温泉があることも運航を続ける背景にあるとみられる。

 

(福島民報)5/2 http://www.minpo.jp/news/detail/201305028193