TOP PAGE

全日空、新ユニフォーム、アジア出身の初の外国人デザイナー

|

 

全日空は29 日、昨年の創立60 周年を契機として導入を発表した客室乗務員などの新ユニフォームについて、デザイナーをシンガポール生まれで、ネパールで育ち、インドで学び現在はニューヨークで活躍している新進気鋭のデザイナー、ブラバル・グルン氏に決定したと発表した。

 

同社のユニフォーム刷新では、初の外国人デザイナーの採用となる。

 

新ユニフォームは、ANAグループの客室乗務員、地上旅客スタッフあわせて約1 万人が着用する予定。

 

新デザインは秋から年内にかけて発表され2014 年下期の導入を予定する。

 

 

ANAプレスリリース)5/28 http://www.ana.co.jp/pr/13_0406/13-040.html

(日刊航空)5/29 http://www.da-news.co.jp/xhp/2013-0530-02.pdf