TOP PAGE

中華航空、石垣―台北線、定期化を視野に営業戦略を強化

|

 

マンダリン航空の台北石垣チャーター便について、親会社の中華航空が定期化を視野に営業戦略を強化し、29日には、7月から石垣発着でも乗れるよう石垣市内の旅行代理店と調整を開始した。

 

台北との航空路線については、復興航空も定期化を視野に石垣発着で利用できるよう関係先と調整している。 八重山毎日が報じた。

 

マンダリン航空の台北石垣便は現在、クラブメッドがチャーターして運航しており、今年は15日に運航が始まり、当面は6月末まで毎週水土の週2便運航する計画。

 

中華航空は710月の運航について、機材はマンダリン航空ERJ190を継続して使い、運航や営業などは中華航空が行う。

 

運航形態はプログラムチャーターとし、石垣発着でも利用できるようにする考えだ。

 

同社は国際線ターミナルの拡張などを要望しており、中山義隆石垣市長は29日、県に機能の拡充を要請する考えを示した。 

 

(八重山毎日)5/30 http://www.y-mainichi.co.jp/news/22560/