TOP PAGE

アシアナ航空、松山線、4-5月搭乗率50%割れ

|

 

アシアナ航空が運航する松山―ソウル線で4月の搭乗率が41.0%、5月も48.0%に落ち込んだことが3日までに分かった。

 

50%割れは震災の年の5月以来2年半ぶり。北朝鮮のミサイル発射問題などを背景に、利用を避ける動きが出たとみられる。 愛媛新聞が報じた。

 

同支店によると、12年度の搭乗率は4~8月が65.1~80.4%と堅調に推移。

竹島問題などの外交不安が顕著になった9~3月は52.2~64.9%に低下した。

 

一方、円安効果で外国人客の利用は増加傾向にある。

 

(愛媛新聞)6/4 http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20130604/news20130604465.html