TOP PAGE

金浦空港、国際航空輸送学会、空港運営の効率化でアジア1位

|

 

(朝鮮日報によると)

 

韓国空港公社は28日、国際航空輸送学会(ATRS)が実施する空港運営の効率性評価で、ソウルの金浦国際空港が2年連続でアジア地域1位に選ばれたと明らかにした。

 

ATRSは各国の航空専門家が所属する学会で、旅客輸送や航空機の運航回数、非航空収益の創出などを基に空港運営の効率性を評価し、毎年部門別1位を発表している。

 

金浦国際空港は大型商業施設を誘致して非航空収益を増やし、人員とコストの削減に努めた点が評価された。

 

(朝鮮日報)6/28 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/06/28/2013062802252.html