TOP PAGE

政府、政府専用機、MRJ導入も検討

|

 

政府が中近距離用の政府専用機として、三菱航空機が開発中の国産小型ジェット機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)の導入を検討していることが分かった。

 

国内視察やアジア近隣を中心とした官邸外交での活用を想定している。

 

政府専用機は現在、航続距離の長いボーイング747の2機体制。

航続可能距離が6300キロとされるMRJが導入されれば遠距離用と中近距離用の2本立てになる。

 

(産経ニュース)7/20 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130720/plc13072002000001-n1.htm

(47NEWS)7/20 http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013071901001835.html