TOP PAGE

国交省、ハネウェル社製ELTに対する耐空性改善通報

|

国交省は16日、同じELTを搭載している787以外の機種でも点検を徹底するよう耐空性改善通報(TCD)を発行した。それに対し、国内の航空各社は、すでに自主点検で安全性を確認済み。

これは、ロンドンの空港で7月に起きたボーイング787の火災原因とみられるハネウェル社製の航空機用救命無線機(ELT)をめぐり、 このELTの製造国、カナダの航空当局が同様の改善命令を出したのを受けた措置。同省によると、6機種は787型機のほか、ボーイング767型機、エアバスA320型機などで、計82機が点検対象となっている。

 

(国交省 プレスリリース)8/16

http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku11_hh_000050.html

bloomberg8/16

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MRLGLQ6KLVSA01.html

(時事ドットコム)8/16

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013081600697