TOP PAGE

<245>CAPA情報: 2013年5月アーカイブ

CAPA分析:A380、103機が就航し今や主流に=どのエアラインが?目的地は?区間距離は?
|
CAPA分析:HNAグループのラッキーエア=中国国内線から香港、台湾、マカオを含む域内航空への拡張認可を申請
|
CAPA分析:エアバスA330、依然売れ行き好調=B787ドリームライナーが勢いを取り戻したとしても
|
CAPA分析:プレミアムキャビンでの空の旅=構造的需要の落ち込みが収益に逆風、しかし誰が一番困っているのか?
|
CAPA分析:アジアの旅行産業=2020年までにニュージーランドの成長の大黒柱となる
|
CAPA分析:中国南部高速鉄道、ドラゴン航空の強敵に=ただし諸条件が揃えばの話
|
CAPA分析:インドの航空業界2013-14年(3)=チェンナイ、コルカタ空港運営に国際的運営会社の入札を募る
|
CAPA分析:タイガーエアウエイズ=2013年度は損失縮小、2014年度は、まだ難問が待ち受ける
|
CAPA分析:パプアニューギニア、航空貨物のビジネスチャンス=経済発展がカンタスとスカイフォースを惹きつける
|
CAPA分析:インドの航空業界2013-14年(2)=前途には巨大な変化が、然し、政治的真空状態がつきまとう
|
CAPA分析:カンタス・エミレーツ提携=ジグゾ―パズルの最後の一片はタスマン海を越えて収まる
|
CAPA分析:中国の空港について総括=西部の空港が2桁成長を続ける中、北京空港は未だ世界一になれない
|
CAPA分析:韓国、日本間の航空市場=LCCの参入、政治的緊張、円安で構造的変革を迎える
|
CAPA分析:南アフリカ航空、エティハド航空そしてジェット航空=スターアライアンス以外の全員に有益なコードシェア開始
|
CAPA分析:インドの航空業界2013年-14年(1)=ジェット航空、737MAXとA320NEOの発注が見込まれる
|
CAPA分析:ジェットスター(1)=インドネシアでの地歩確保を目指す、バリューエアの遺した先駆者利益を食い潰した挙句に
|
CAPA分析:タイガー航空とSIA/シルクエア=インドネシア・シンガポール間の市場での競争を主導、エアアジアは遅れをとる
|
CAPA分析:ジェットスター(2)=またもやシンガポールでのビジネスチャンスを逃す。中国市場重視から後退で
|
CAPA分析:エミレーツ航空とその仲間たち=間もなく米国航空業界を作り変える?
|
CAPA分析:カンボジア・アンコールエア、機材、路線網を拡大=フィリピン航空と合弁のカンボジア航空就航を前に
|
CAPA分析:中国南方航空シドニー線にA380を投入(2)=競合他社は更なる価格競争を懸念
|
CAPA分析:シンガポール航空バージン・オーストラリアと連携強化=ニュージーランド航空とともに、エティハド航空に対抗
|
CAPA分析:ハルビン空港、ロシア、シベリアのハブを目指す=自国の航空各社の興味は盛り上がらず
|
CAPA分析:キャセイは割引運賃ファンフェアで対抗=LCCへの対応策、然し構造改革が必要
|
CAPA分析:インドネシアの両雄ライオンとガルーダの競争激化=バティックエアの参入で
|
CAPA分析:中国南方航空の収益性に重荷=シドニー線にA380投入で
|
CAPA分析:デルタ航空、中国線での競争力向上=中国東方航空、南方航空からより良い発着枠を獲得してダイヤ改善
|