TOP PAGE

user1: 2013年5月アーカイブ

JAMRレポート:ソラシド エア(スカイネットアジア航空株式会社)の決算概観(収支)
|
エア釜山(LCC)、韓国LCC最短、利用者1,000万人突破
|
IATA、4月、国際線旅客需要、前年同月比3.0%増、中東が高い伸び
|
シンガポール航空、ボーイング・エアバスと170億ドルー航空機購入で合意
|
スカイマーク、成田―石垣、神戸―石垣線、全日同一運賃に値下げ
|
ソラシドエア、3月期決算、最終利益、前期比2倍11億円
|
中華航空、石垣―台北線、定期化を視野に営業戦略を強化
|
中国航空当局、独立系航空会社設立を解禁
|
日航、不採算路線の復活計画せず
|
日航、植木社長、「ボーイング787離れ進まず」、国際線での最大限活用を継続
|
全日空、新ユニフォーム、アジア出身の初の外国人デザイナー
|
ライオンエア(LCC)、タイに子会社設立
|
鹿児島県、上海線維持対策、1000人規模の県職員、短期研修事業を計画
|
モンゴリアンエアライン、日本発着チャーター11便運航計画
|
新関空国際会社、民間への事業運営権、来年1月に1次入札
|
国交省、2012年、国際旅客チャーター便、前年度比4.6%増
|
長崎県知事、ジンエアー(LCC)就航は7月目途、週3便で調整
|
復興航空、山形・庄内空港、冬季7カ月運航せず、2500メートル以上の滑走路基準満たず
|
エバー航空、岡山―台北線、定期路線認可
|
セブ・パシフィック(LCC)、セブ―台北線開設延期
|
エアアジア・ジャパン(LCC)、JR北海道とコラボ、道内フリーパスを発売
|
中国南方航空、ボーイング787導入、中国初
|
エアアジア(LCC)への非買運動が波紋
|
新関空会社、運営権売却、調達額6千億―8千億円、運営期間40-50年程度
|
ヴァージン・オーストラリア、タイガー・オースラリア(LCC)の買収が承認
|
トルコ航空産業急成長、利用者4倍、主要航空2社352機の大型契約
|
インド民間航空省、付加サービス料金制度を承認、エアアジア(LCC)参入競争力強化
|
CAPA分析:A380、103機が就航し今や主流に=どのエアラインが?目的地は?区間距離は?
|
CAPA分析:HNAグループのラッキーエア=中国国内線から香港、台湾、マカオを含む域内航空への拡張認可を申請
|
CAPA分析:エアバスA330、依然売れ行き好調=B787ドリームライナーが勢いを取り戻したとしても
|
CAPA分析:プレミアムキャビンでの空の旅=構造的需要の落ち込みが収益に逆風、しかし誰が一番困っているのか?
|
CAPA分析:アジアの旅行産業=2020年までにニュージーランドの成長の大黒柱となる
|
CAPA分析:中国南部高速鉄道、ドラゴン航空の強敵に=ただし諸条件が揃えばの話
|
JAMRレポート:使い勝手の良いLCCターミナルについて一言
|
JAMRレポート:航空貨物業績雑観
|
国交省、空港運営民間委託、運営者による着陸料等設定を明記
|
香港、改正商品説明条例、オーバーブッキングも違法
|
エバー航空、関空―台北、ダブルデイリーに増便
|
徳島県、香港―徳島チャーター便、7-8月に12便
|
スカイマーク、運航乗務員の自社養成採用を決定
|
日航、4月、旅客輸送実績、国際線前年同月比0.2%減
|
国交省、ランプサイド立ち入り者、スクリーニング検査を義務付け
|
ボーイング787対応:全日空、初便の臨時便を運航
|
政府、平成25年観光白書案、東アジア偏重から脱却、ビザ要件緩和
|
沖縄県、石垣―那覇線、離島割引料金適用保留、地元から現行維持の声
|
デルタ航空、JFK空港、第4ターミナル、改装オープン、投資額は14億ドル
|
ジェットスター・ジャパン(LCC)、付帯手数料値上げ
|
エアバス、中国国際航空・深セン航空、A320を100機受注
|
中国国際航空、広島―大連・北京線を増便、ビジネスでの利用回復傾向
|
パネリストとして参加:オンライン旅行業界の会議「Web in Travel(WIT) Japan 2013」
|
CAPA分析:インドの航空業界2013-14年(3)=チェンナイ、コルカタ空港運営に国際的運営会社の入札を募る
|
CAPA分析:タイガーエアウエイズ=2013年度は損失縮小、2014年度は、まだ難問が待ち受ける
|
CAPA分析:パプアニューギニア、航空貨物のビジネスチャンス=経済発展がカンタスとスカイフォースを惹きつける
|
デルタ航空CEO、成田空港、アジアハブ空港拠点、今後も強化
|
FDA、丘珠空港で、離発着テストを計画
|
CAPA分析:インドの航空業界2013-14年(2)=前途には巨大な変化が、然し、政治的真空状態がつきまとう
|
CAPA分析:カンタス・エミレーツ提携=ジグゾ―パズルの最後の一片はタスマン海を越えて収まる
|
CAPA分析:中国の空港について総括=西部の空港が2桁成長を続ける中、北京空港は未だ世界一になれない
|
全日空、ジャンボ旅客機、退役を前倒しー2014年3月末
|
ボーイング787関連:太田国交相、営業運航再開を許可
|
エミレーツ・グループ、3月期決算、25年連続黒字、L/F80%
|
全日空、4月旅客輸送実績、国際線10.7減、中国路線が依然低調
|
北海道、LCC需要拡大にむけ取り組み強化、「公募型プロポーザル」開始
|
新関西空港㈱、ITF最優秀賞受賞、資金調達手法が評価
|
復興航空、石垣―台北線に就航、石垣島空港―初の外国定期チャーター便
|
中国民航総局、ボーイング787、中国航会社へ正式承認
|
フィリピン、ブラジルと航空協定締結、以遠権も認可
|
全日空、伊東会長、LCC2社の現状「PEACH好調・エアアジア・ジャパン想定下回る」
|
国交省、航空会社を公的支援する際の指針案を提示
|
ポーラ・カーゴ・ワールドワイド、アジア域内・太平洋路線を強化
|
ANAセールス、「国内線6社乗り比べ日本1周旅行を企画」
|
ホンダジェット、生産規模90機に引き上げ、従業員雇用拡大
|
韓国航空各社、沖縄線へのチャーター便に前向き
|
新日本航空、佐渡-新潟線、運休を6月末まで延長
|
ボーイング787対応:全日空、運航開始前倒し、5月26日から臨時便
|
ボーイング787関連:全日空・日航、国交省に改修終了報告
|
PEACH(LCC)、JR北海道とコラボ、道内フリーパスを発売
|
エアアジアX(LCC)、東京・大阪でプロモーション、駅・車両広告ジャック
|
韓国、4月国際線旅客数、前年同月比2.7%増、国内線―LCC利用旅客増加
|
JNTO、4月訪日外国人数、前年同月比18.1%増、90万人超
|
CAPA分析:韓国、日本間の航空市場=LCCの参入、政治的緊張、円安で構造的変革を迎える
|
CAPA分析:南アフリカ航空、エティハド航空そしてジェット航空=スターアライアンス以外の全員に有益なコードシェア開始
|
CAPA分析:ジェットスター(3)=ジェットスター・アジアの東南アジア重視でシンガポールに集中
|
CAPA分析:インドの航空業界2013年-14年(1)=ジェット航空、737MAXとA320NEOの発注が見込まれる
|
仙台空港、民営化に向け、官民会議を新設、PEACH(LCC)も参加
|
国交省、羽田空港、滑走路拡張工事を前倒し
|
国交省、航空会社の公的支援案、競合他社からのヒアリングで公平性確保
|
HondaJet、初飛行に成功
|
日航、配当定款改定、全外国人株主へ配当
|
ジェットスター(LCC)、ボーイング787初号機、9月に受領
|
タイ・エアアジアCEO(LCC)、一部保有株を売却、エアアジアⅩタイ法人設立
|
上海空港、2013年4月、航空機乗り入れ数、前年同期比1.85%増
|
JAMRレポート:機材構成でみるJALとANAの機材戦略
|
大韓航空、青森―仁川線、7月以降運休検討
|
山口銀行系シンクタンク、東京への移動手段、航空へシフト傾向
|
法務省-有識者会議、出入国審査迅速化、自動化ゲートを増設
|
シンガポール航空とシルクエアー、深セン航空とコードシェア提携を開始
|
ライアンエアー(LCC)、通年決算、純利益前年比13%増-過去最高
|
アブダビ国際空港、今夏発着便数、昨年比15%増1065便
|
大韓航空、チェコ航空とコードシェアを開始
|
ノックエアー(LCC)、ミャンマーへの国際線、運航再開
|
国交省、トルコと航空協議、成田乗り入れ倍増、名古屋は枠組み設定
|
ボーイング787対応:ユナイテッド航空、運航再開
|
JAMRレポート: 関西3空港の将来について
|
国交省、貨物部門、エアラインチャーター規制緩和
|
国交省、ICTチャーター規制緩和、第1種旅行業者に販売許可
|
離島割引適応保留、石垣―那覇線、スカイマーク参入以降
|
沖縄関連路線、航空6社、4月搭乗実績、旅客数前年同月比4.7%減
|
ジンエアー(LCC)、新千歳―仁川線増便、6-10月Daily運航へ
|
成田空港、LCC専用ターミナル、111億8250万円で大成建設が受注
|
セブ・パシフィック(LCC)、マニラ―プーケット路線開設、タイ2路線目
|
中国民間空港、2012年運営状況、134空港が赤字
|
全日空、沖縄貨物事業拡充、貨物事業会社新設-2014年
|
PEACH(LCC)、手荷物料金をゾーン制に改定、ファストシート料金を設定-付帯料金を拡充
|
高松空港、12年度利用者、前年度比7.6%増、羽田線が好調
|
仁川空港出入国管理事務所、1‐4月、入国外国人は中国がトップ
|
チェジュ航空(LCC)、仁川―新千歳チャーター便設定、6-8月、週1便
|
中部国際空港会社、2013年3月期連結決算、増収増益、3期連続の黒字
|
寄稿:週刊東洋経済5月20日発売号 「LCC1年後の通信簿」
|
スカイマーク、4月、旅客輸送実績、平均利用率65.1%
|
スターフライヤー、釜山線利用韓国人旅行者、6割女性、9割観光目的
|
スターフライヤー、11号機、シート刷新、IFEリニューアルを計画
|
大韓航空、4月、国際線利用者が減少
|
羽田空港、日本初のトランジットホテル、 2014年9月末開業予定
|
AIR DO、4月旅客輸送実績、新規開設2路線好調
|
NAA、成田空港のLCC6社のシェア、2013年度は12%と予想
|
静岡空港、4月利用状況、台北線が好調
|
新関空会社、2013年3月期 連結決算、営業益前期比1.5倍
|
仁川空港、乗り換え旅客、5000万人突破
|
仁川空港公社、アメリカン航空、ダラス線就航でハブ空港競争力強化
|
ボーイング787対応:全日空、パイロット慣熟飛行開始
|
リース事業のエアキャッスル、保有航空機5年後に2倍へ拡大、アジアの高需要成長が背景
|
米子空港、今夏、香港からのチャーター便24往復
|
スターフライヤー、北九州―釜山線、利用者10万人突破
|
JAMRレポート:ANAとJALの中期経営戦略
|
無料: 旅行業セミナーのご案内
|
CAPA分析:ジェットスター(1)=インドネシアでの地歩確保を目指す、バリューエアの遺した先駆者利益を食い潰した挙句に
|
CAPA分析:タイガー航空とSIA/シルクエア=インドネシア・シンガポール間の市場での競争を主導、エアアジアは遅れをとる
|
CAPA分析:ジェットスター(2)=またもやシンガポールでのビジネスチャンスを逃す。中国市場重視から後退で
|
CAPA分析:エミレーツ航空とその仲間たち=間もなく米国航空業界を作り変える?
|
NAA、2013年3月期連結決算、2期ぶりの増収増益
|
成田空港、2013年度航空取扱量、国内線旅客数、前年度比21.7%増予想
|
エアバス、A350受注交渉、日航・全日空と協議
|
セブ・パシフィック航空(LCC)、ドーハ乗り入れを申請
|
ガルーダ・インドネシア航空、1-3月期、赤字幅が前年同期3倍へ
|
ボーイング787関連:ボーイング社、787の納入再開、再開1号機は全日空へ
|
中部圏在住者、セントレア利用者、利用率―観光でも65.5%
|
アシアナ航空、福島―仁川、12月までチャーター便を運航
|
北京空港、4月利用実績、利用者数、前年同期比2.5%増
|
外務省、ビザ発給統計、中国人へのビザ発給件数が減少
|
PEACH(LCC)、仙台線、就航一か月、搭乗率目標上回る
|
神戸空港、4月、搭乗者数、前年同月比1.7%減、主力の羽田線が低調
|
スターフライヤー、北九州-グアムチャーター便、8月13往復計画
|
ボーイング787対応:エア・インディア、15日から商業運航再開
|
ボーイング787対応:日航、保有7機の改修作業終了
|
国交省、伊丹空港、長距離便運用制限、低音速機枠15%まで段階的に緩和
|
国交省、トルコと航空交渉、従来枠組みの拡大
|
エアバス、A350を初披露
|
成田空港、深夜着陸弾力的運用、全日空のニューヨーク便へ適用、2例目
|
ジンエアー(LCC)、長崎―仁川線就航へ向け覚書、7月下旬から週3便
|
全日空、羽田発着広州・上海線発着枠、国内線へ充当
|
成田空港、2012年、ビジネスジェット発着回数655回、発着拠点が羽田へシフト
|
エアアジア・ジャパン(LCC)、4月搭乗率56.4%
|
エアアジア(LCC)傘下、チューン・ホテルズ、那覇に開業、日本初
|
ベトナム航空、セントレア―ハノイ線を増便
|
エアアジア(LCC)、トニー・フェルナンデスCEO、中部・仙台発着便-新規路線開拓に関心
|
マリンド・エアウェイズ(LCC)、クアラルンプールからボルネオ3都市新規開設
|
米ラフード運輸長官、管制官らの一時帰休など撤回
|
JAMRレポート:スターフライヤーの決算概観(収支)
|
クアラルンプール、新LCC専用ターミナル、開業予定を延期
|
山口宇部空港、2012年度利用者数、前年度比7万人増、岩国空港も順調
|
エアアジア・ジャパン(LCC)、成田―台北線開設、7月3日から
|
スターフライヤー、福岡―関空線開設
|
スターフライヤー、日本貨物航空の地上ハンドリング業務受託
|
全日空、貨物部門、事業運営体制を導入
|
ボーイング787対応;ボーイング社、787の生産を引き上げ
|
スカイマーク、機材計画、ボーイング737、エアバスA330を購入
|
スカイマーク、25年3月期決算、経常利益、前期比48.6%減
|
FDA、稚内・釧路へチャーター便を計画
|
航空5社、沖縄路線、GW搭乗実績、前年比1.8%増
|
ボーイング787対応:全日空、6月1日から定期便運航再開
|
JAMRレポート:スカイマークの決算概観(収支)
|
日本空港ビル、2015 年度までの中期計画
|
ボーイング787関連:NTSB、バッテリーのX線検査を実施
|
小松空港、2012年度利用者数、前年度比18万人増―約217万人
|
ボーイング787対応:ユナイテッド航空、商業運航再開20日に繰り上げ
|
デルタ航空、3年間で約10億ドル、株主に還元
|
キャセイパシフィック航空、繁忙期に日本路線を増便計画
|
エティハド航空、ジェットエアウエイズの株式24%取得で合意
|
チャンギ空港、航空会社別旅客取扱い数、5位にエアアジア (LCC)
|
スターフライヤー、平成25年3月期業績を下方修正
|
春秋航空(LCC)、日本路線の拡大を計画
|
春秋航空日本(LCC)、国内3路線開設を検討
|
中国国際航空、取締役会―エアバス100機購入承認
|
ボーイング787関連:インド航空当局、商業運航再開を認可
|
仁川空港、米国便、搭乗口ゲートでの保安検査廃止の見通し
|
JAMRレポート:2013GW期間中の旅客実績(国内航空会社)
|
CAPA分析:カンボジア・アンコールエア、機材、路線網を拡大=フィリピン航空と合弁のカンボジア航空就航を前に
|
CAPA分析:中国南方航空シドニー線にA380を投入(2)=競合他社は更なる価格競争を懸念
|
CAPA分析:シンガポール航空バージン・オーストラリアと連携強化=ニュージーランド航空とともに、エティハド航空に対抗
|
CAPA分析:ハルビン空港、ロシア、シベリアのハブを目指す=自国の航空各社の興味は盛り上がらず
|
ボーイング787対応:全日空・日航、11機改修完了
|
国内航空各社、GW利用実績、PEACHが高搭乗率
|
静岡空港、GW利用実績、FDA搭乗率80%、全日空56%
|
新千歳空港、4月、外国人入国者数、前年同月比41増
|
PEACH(LCC)、累計搭乗者数、200万人を突破
|
インドネシア、パイロット不足、公務員からの訓練を計画
|
ボーイング787対応:カタール航空、納入遅れーエアバスA330新規調達で交渉中
|
スカイマーク、西久保社長、石垣3路線、石垣市に説明
|
エアアジア(LCC)、第1四半期、乗客数、前年同期比19%増
|
日航、2013年度入社―既卒者対象、客室乗務員募集
|
那覇空港ビル、AOCと折り合い付かずー国際線旅客ターミナルビル使用料金値上げ
|
アシアナ航空、仙台線、機材を大型化
|
アシアナ航空、運休中の福島線、チャーター便運航を検討
|
日航、小松-羽田線、新幹線開業後も機材小型化で維持
|
復興航空、石垣―台北線、直行便を再開、機材も大型化
|
IATA、3月、航空旅客数、前年同月比5.9%増
|
ボーイング787対応:購入航空会社全8社、6月初旬までに運航再開
|
エバー航空、旭川―台北線、6月1日から定期便移行
|
ボーイング787対応:カタール航空、ボーイング社から補償
|
ボーイング787対応:日航も試験飛行開始
|
スカイマーク、成田―石垣、神戸―石垣線を新設
|
山口宇部空港、2012年、国際線チャーター便好調
|
全日空、那覇空港、整備会社設立を計画
|
CAPA分析:キャセイは割引運賃ファンフェアで対抗=LCCへの対応策、然し構造改革が必要
|
CAPA分析:インドネシアの両雄ライオンとガルーダの競争激化=バティックエアの参入で
|
CAPA分析:中国南方航空の収益性に重荷=シドニー線にA380投入で
|
CAPA分析:デルタ航空、中国線での競争力向上=中国東方航空、南方航空からより良い発着枠を獲得してダイヤ改善
|
JAMRレポート:2013.3月期 ANA/JAL決算を比較する
|
ANAホールでディングス、2013年3月期連結業績、営業利益1038億円過去最高
|
日航、2013年3月期連結業績、減益も利益率15.8%達成、配当金は190円へ
|
エアアジア・ジャパン(LCC)、2012年度輸送実績、利用率、国内・国際共に60%台
|
スパイスジェット(LCC)、中国路線拡大を計画
|
スカイマーク、羽田―旭川線、7月1に就航、茨城―那覇線は直行便へ
|
スカイマーク、那覇―宮古、那覇―石垣線、普通運賃5,000円に設定
|
ボーイング787対応:全日空、日航、運航停止―2013年度決算、営業利益押し下げ
|
HAC、銀行からの借入金返済
|
HAC、丘珠―三沢線、7月1日開設を発表
|
ヴァージン・ギャラクティック社、宇宙旅行、ロケットエンジン音速を突破
|
全日空、シンガポールに投資管理会社設立
|
スターフライヤー、3月利用実績、国際線平均搭乗率61.4%
|
全日空、現役社員の年金制度改定、確定拠出に
|
政府、関西3空港一体運用―国家戦略特区構想
|
ボーイング787対応;日航、6月1日から営業運航を再開
|